福岡県福岡市早良区 都商事有限会社

弊社は昭和51年に設立しました、九州で唯一のダクト・フード消火装置の総合商社です。また、ワンストップ防災設備に関わり、消防法に則った業務全般を専門とする会社です。

雨後の筍

20170717_0822331241_iOS

某食品工場の天井内ですが、機械室のため

施工及び保守性が高い某工場です。

 

20170912_045550797_iOS

防護対象機器が、長さ5m超の連続式フライヤーです。

ノズルは、火元用を主体として設置しました。

 

20170717_073949931_iOS

もう一度天井内です。

まさに表題通りの様相となります。

 

20170717_044049433_iOS

施工手順としましては、天井となる上階より穿孔して、

φ10銅管を立ち下げていきます。

 

20170717_044427141_iOS

数か所やると慣れてきます。

 

20170717_070649043_iOS

最下部となるフード内で、銅管を差し出します。

 

20170717_074514707_iOS

防火シャッター内は、二重天井となります。

 

20170717_074553809_iOS

内部はモータ等の点検を考慮して、施工します。

 

20170717_074622906_iOS

巻いては、切って。

 

20170717_081724019_iOS

加工しては、接続して。

 

20170717_081849419_iOS

組み込みしては、締め込んで。

 

20170912_054203587_iOS

フード内のノズルも多量となります。

新たな出会い

令和元年となります今年、ご縁があり

クラコさまよりお声掛けをいただきました。

catalog_ca1

そのまま、九州地区総代理店となりました(速

 

機器図1式(4本1本あり)

実機を用いて、製品を御紹介いたします。

 

IMG_0236

制御格納箱(4A)

 

IMG_0240

上部ノックアウト穴(開口済み)

 

IMG_026411

制御盤

 

IMG_02651

制御盤(側面)

 

IMG_0253

厨房環境対応型操作盤

 

IMG_0246

感知器・噴射ノズル

 

IMG_0250

バックアップ電源

 

IMG_0251

リレーユニット

 

IMG_02481

消火剤容器

埋め込みエスピオ

注記;

今回は施主さまが官庁ゆえ、多箇所で掲載写真に

切り取りや修正をいれています。

 

20171120_0735136941_iOS

既存ボックスは、某メーカーさま製の旧世代式です。

3方採寸をしまして、収まりがつくことを確認します。

 

20171120_072812494_iOS

天井裏は、このような感じで「。。。」ですね。

 

20180312_083858797_iOS

外線を含めて関連配線の種別を掌握しましたら、

既存の消火ボックスを取り外します。

 

20180312_085317078_iOS

軽量鉄骨(LGS)をみると、300mm間隔で

補強スタッドが入っていることが判ります。

 

20180313_070645906_iOS

そこへエスピオボックスを順次、縫い付けていきます。

 

20180323_062746511_iOS

今回、既設分は掲載できませんが、更新工事なので

4系統14本に変更はありません。

 

20180323_064319066_iOS

化粧フタを開きますと、制御盤4面・消火薬剤容器

本数14本と確認できます。

 

20180315_002019613_iOS

グリスフィルター内が未警戒でしたので、

ノズルを新設しました。

 

20180323_065033368_iOS

上記と同様、こちらも新設しました。

 

20180323_074338495_iOS

消火ボックスと同じ区画内に設置されている

手動起動装置は、そのまま更新します。

 

20180323_064921617_iOS

ボックスより離隔があるため、音響鳴動が直近で

わかるよう警報表示盤を増設しました。

Ver5.0消火ボックス

20170419_054351628_iOS

セコムアルファさまのトマホークジェットが

フルモデルチェンジをしまして、第五世代に入りました。

 

4台用ボックス

4台用ボックス機器図

 

増設4台用ボックス

増設4台用ボックス機器図

 

20180301_051754821_iOS

右側が2台用ボックスで、左側が増設3台用ボックスです。

 

20180302_024859150_iOS

各ボックス6種類ともVer4.1より寸法が変更されています。

主な性能・機能向上としましては、ログが取れるようになり、

スケジュールランプが設けられたことが相違点となります。

Ver5.0トマホークジェット

1台用ボックス

1台用ボックス外観図

セコムアルファ製 BO-X1130

 

20140910_091140

フード消火装置には1台用ボックスという製品があります。

個人宅等へ任意設置にて使用することが主です。

 

20140910_090958

移報信号は警備システムとの連動が多く、ノズルは

小型レンジ(FR)を通常用いります。

 

IMG_2595

このグリスフィルターは廃版となった

アクアクリーンフィルターが設置されて

いますので、装置必要数が減免されています。

 

IMG_2598

そのため、写真のように1台と4台用ボックスの

組み合わせという、あまり見ない設置もあります。

 

 

IMG_2617

久しぶりの那覇 泡盛コーヒーが流行っていますよね

所感;酒と珈琲は別箇に飲みたいですね

M仕様 機械

ファーストフード店舗で設置されます

TOMJET-M仕様の機械パートです。

 

20160216_132402

2台用ボックス

外観上の特徴は右上表示部が表示灯なしで

化粧パネルが貼られています。

 

20160205_144058

フライヤー用スプレーノズルですが

割フランジが付属されています。

 

20160216_140221

設置時はFL;1.200mm程度となります。

火源直近で放射され、側後面に絶大なる

消火能力を発揮します。

 

20160216_132101

ボンベもノズルパターンに合わせた特殊品です。

 

20160216_140157

感知器や銅管は露出で角ダクトへ設置されますので

耐熱と美観を考慮して施工します。

 

熊本復旧工事とHSR

2016年4月14日からの熊本大分地震で被災

された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

小社はモールと二輪生産工場のフード消火

装置の復旧作業に入りました。

 

20160709_1746121

震災によりボックス本体が歪んでいたので

筐体修正した後にコークで縁化粧を施し

ました。あとは動作試験をしまして警戒

開始で引き渡しとなります。

 

 

熊本県大津市HSR九州サーキット

20160907_130349

バイクを製作しています本田技研工業社の

開発コースでもあるホームストレートです。

コースも被災されて地割れがあったよう

ですが、全面舗装済みで非常に走りやす

かったです。

 

20160907_083555

奥側の掘削部が本来のピットエリアで

エアーや電気設備を含めて損壊したそうで

撤去され、改修中でした。

最近良く単車屋店主から師事をいただいています。

 

20160820_120632

秋の夜長に常温で飲むのも美味しいもので

今夜は中秋の名月です。

 

 

タイガーからエスピオへ

若葉の緑が目にも鮮やかなこの季節、小社にも

新入社員が入るなか、戸惑うほどのタイトルが

きましたねえ(失礼

 

20160324_195416

製造中止の日本ドライケミカルさまフード消火装置

タイガーZ35(2000年製造)が8系統設置されて

います。今回はE系統を更新です。

 

20160324_203027

ボックスを撤去した後、天井に開口部と壁面にボード

アンカーが残っています。

 

20160324_203004

ノズル撤去後

Z35からエスピオへ取替えの場合、開口部はそのまま

使用可能です。

 

20160324_195716

NDC社タイガーZ35フード周り

大型レンジノズルが特徴的です。

 

20160324_231442

NDC社タイガーZ35センサー

グリスガード 内についていたダクトセンサー

 

20160324_234600

yp社エスピオフード周り

各ノズルの角度付けと長さに一日の長

 

20140916_150334

yp社エスピオダクトセンサー

シリコンパッキン付保護ガードなし

 

20160324_235417

外観比較 (エスピオ塗装R4-389)

コンパクト化

 

20160324_235304

手動起動装置を比較 (施工中につき系統番号未記載)

真ん中の小型押しボタンがエスピオです。

現在製造されている全てのメーカーさまにいえます

が、必要機能を最小寸法に収めています。

 

 

取替えたがコンパクトにならなかった例

20150520_080613

570SXSハイカム

モタード化したEXCですが、サーキット走行用に

ハイリフトカムシャフトに更新しました。

フード消火装置ボックスと違い、大きさは変わりま

せん ←当たり前

博多駅再開発

20160302_093202

写真左がKITTE博多ビル、右がJRJP博多ビル

20160302_093154

 

日本郵政グループ初の全館商業施設となるKITTE

博多ビルですが、消防検査が終わる前にJRJP博多

ビルの施工が始まり、並進工務も終えようとして

います。

 

20151130_225353

天井内部での銅管バイパス組み

 

博多区内で300台を超える大型物件は2011年春の

JR博多シティ以来でした。

各県の大規模開発、ランドマークに携われて毎日

が充実し、楽しく過ごしております。

 

4月2日追記 週末は花見会が続きました。

20160401_174916

博多区山王公園

元所属 防災メーカーさま主催

 

20160402_1919221

中央区多門櫓

取引先商社さま主催

カルガ212

KARGA212の製造メーカーである初田製作所さま

及びハツタテクノさまより機器支給で施工受注

いたしました。

施工先は博多駅前のKITTE博多ビルです。

 

20151207_215950

カルガ212のボックスは筐体・フタともにかなり

軽量で白色(マンセル5.17GY 8.43/0.59)合成樹脂

塗料焼付塗装となっております。

 

20151209_104357

ここでは右側が親機となっていまして、制御盤が

格納されているのが見えます。真ん中と左側は

同時放射ユニットを介して、操作パネル1箇所で

全数同時起動で組んでいます。

 

20151209_103955

操作パネルは【電源・注意・警報・放出】と

表示灯があります。他メーカーさまとの違いは

警戒雰囲気温度が120℃になると【注意】が点滅

して、音響喚起となることです。しかし、その

機能を除去されたメーカーさまもありますので

各社さまの設計次第といえます。

 

20151207_220018

フードノズルと小型レンジ用ノズルの組み合わせ

 

20151130_205551

短管上部より順に、イージーメンテナンス

センサーとダクトノズルが付いています。

ファイアーダンパーの右横にグリスノズルが

みえます。センサーガードは強固で、折れ曲がる

心配は杞憂に思えました。

 

フード消火ならば、メーカーさま問わずに設計

より一元化で応えさせていただきます小社です。

一息つく間もなく、隣接するJRJPビルへと勤しん

でおります。