福岡県福岡市早良区 都商事有限会社

弊社は昭和51年に設立しました、九州で唯一のダクト・フード消火装置の総合商社です。また、ワンストップ防災設備に関わり、消防法に則った業務全般を専門とする会社です。

フード消火設備

雨後の筍

20170717_0822331241_iOS

某食品工場の天井内ですが、機械室のため

施工及び保守性が高い某工場です。

 

20170912_045550797_iOS

防護対象機器が、長さ5m超の連続式フライヤーです。

ノズルは、火元用を主体として設置しました。

 

20170717_073949931_iOS

もう一度天井内です。

まさに表題通りの様相となります。

 

20170717_044049433_iOS

施工手順としましては、天井となる上階より穿孔して、

φ10銅管を立ち下げていきます。

 

20170717_044427141_iOS

数か所やると慣れてきます。

 

20170717_070649043_iOS

最下部となるフード内で、銅管を差し出します。

 

20170717_074514707_iOS

防火シャッター内は、二重天井となります。

 

20170717_074553809_iOS

内部はモータ等の点検を考慮して、施工します。

 

20170717_074622906_iOS

巻いては、切って。

 

20170717_081724019_iOS

加工しては、接続して。

 

20170717_081849419_iOS

組み込みしては、締め込んで。

 

20170912_054203587_iOS

フード内のノズルも多量となります。

新たな出会い

令和元年となります今年、ご縁があり

クラコさまよりお声掛けをいただきました。

catalog_ca1

そのまま、九州地区総代理店となりました(速

 

機器図1式(4本1本あり)

実機を用いて、製品を御紹介いたします。

 

IMG_0236

制御格納箱(4A)

 

IMG_0240

上部ノックアウト穴(開口済み)

 

IMG_026411

制御盤

 

IMG_02651

制御盤(側面)

 

IMG_0253

厨房環境対応型操作盤

 

IMG_0246

感知器・噴射ノズル

 

IMG_0250

バックアップ電源

 

IMG_0251

リレーユニット

 

IMG_02481

消火剤容器

埋め込みエスピオ

注記;

今回は施主さまが官庁ゆえ、多箇所で掲載写真に

切り取りや修正をいれています。

 

20171120_0735136941_iOS

既存ボックスは、某メーカーさま製の旧世代式です。

3方採寸をしまして、収まりがつくことを確認します。

 

20171120_072812494_iOS

天井裏は、このような感じで「。。。」ですね。

 

20180312_083858797_iOS

外線を含めて関連配線の種別を掌握しましたら、

既存の消火ボックスを取り外します。

 

20180312_085317078_iOS

軽量鉄骨(LGS)をみると、300mm間隔で

補強スタッドが入っていることが判ります。

 

20180313_070645906_iOS

そこへエスピオボックスを順次、縫い付けていきます。

 

20180323_062746511_iOS

今回、既設分は掲載できませんが、更新工事なので

4系統14本に変更はありません。

 

20180323_064319066_iOS

化粧フタを開きますと、制御盤4面・消火薬剤容器

本数14本と確認できます。

 

20180315_002019613_iOS

グリスフィルター内が未警戒でしたので、

ノズルを新設しました。

 

20180323_065033368_iOS

上記と同様、こちらも新設しました。

 

20180323_074338495_iOS

消火ボックスと同じ区画内に設置されている

手動起動装置は、そのまま更新します。

 

20180323_064921617_iOS

ボックスより離隔があるため、音響鳴動が直近で

わかるよう警報表示盤を増設しました。

フードセンサー

 

20180920_005418766_iOS

 

 

 

 

 

 

写真右側より、セコムアルファ製フードセンサー・

フードノズル・大型ノズルの組み合わせです。

 

20180920_010421646_iOS

設置基準は、ダクトセンサーの有効感知範囲(ダクト中心部)より

熱源が水平距離1,250㎜超の場合に要ります。

 

フードセンサー

HET-0090

 

20180908_035339739_iOS

緩衝材に固定されて、しかっりした梱包姿です。

 

 

82865B1E-DE6F-4A0C-921E-615502767540

プロゴルファーさん達と、ラウンドレッスンに定期的に

行っております。

 

65C15CC0-5E7B-43A9-8AE0-B202A5100A82

スコアはアマチュアの極み、服装だけはプロゴルファーです(笑

マグネット交換

20170822_114421116_iOS

フード消火装置が起動した時に連動起動する、

関連設備停止用マグネットスイッチが、故障

しましたので交換しました。

 

20170817_1122370771_iOS

扉を開いて、赤枠部が電磁接触器です。

 

20170822_110854362_iOS

1次側ブレーカを施主さまに絶ってもらったら、

検電確認して順次離線していきます。

 

20170822_111259569_iOS

取り外すとよく判りますが、ボデーが焦げています。

許容量以上の負荷がかかったようです。

 

20170822_110403354_iOS

よって、安全率を見越して既存品より容量を増やします。

 

20170822_111528987_iOS

取り外した個所へ、本体を組み込みます。

 

20170822_112107281_iOS

端子台形状が変わっていたので、固定部を加工しました。

 

20170822_114408964_iOS

取り付け後にフード消火装置を起動します。

排気ファン連動停止がかかるかを試運転して、

動作確認できましたら完了です。

 

 

家庭用生ビールサーバーの現況

ITmediaビジネスオンライン

ITmedia ビジネスオンライン

6/6(水) 8:20配信

キリンの月額制ビールは大人気なのに、

なぜ再開できないのか

 家で“つくりたてのビール”を飲みたい。ビール工場のようなところに住むことができたらなあ――。そんな夢のような生活を送ってみたいと考える愛好家もいるのでは。不可能ではない。

1リットル入りのビールはこんな感じ

「そんなの無理でしょ。なにバカなこと言っているの?」と思われたかもしれないが、キリンビールが展開している「キリンホームタップ」をご存じだろうか。専用サイトで申し込むと、月額6900円(税別)で自宅用のビールサーバーを借りることができ、毎月サーバー向けの「一番搾りプレミアム」(1リットルペットボトル×4本)が工場から自宅に直送されるのだ。

2017年6月にこのサービスを始めたところ、すぐに申込者が殺到する。先着順ということもあって、我先に申し込む人がたくさんいて、専用サイトはつながりにくい状況に。申し込みができない状態が続き、不満の声がたくさん届いた。また当初の想定以上に注文する人が多かったので、製造が追い付かない事態に陥ったのだ。「告知をするとすぐに枠が埋まってしまう。このままでは大変なことになる」(担当者)ということで、17年10月を最後に受け付けを中止している。

現時点で、登録者は2000人ほど。販売再開のメドはたっていないので、この人たちだけ“つくりたてのビール”を楽しむことができるわけだが、ここで2つの疑問がある。「キリンビール」という日本を代表する大企業が、なぜ数千人ほどの申し込みがあったくらいで、受け付けをストップしたのか。また、なぜ販売再開のメドがたっていないのか。その謎を解くために、キリンホームタップを担当している落合直樹さんに話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

●申し込みたいのに、申し込めない状況に

土肥: キリンホームタップが人気のようですね。申し込み者が殺到したので、受け付けを中止しているそうで。月額6900円で、1リットルのペットボトルが月に4本届くわけですが、ちょっと高いですよね。350ml缶に換算すると、1本当たり600円ほどになる。スーパーやコンビニなどの店頭価格と比較すると、2~3倍も高いのに売れに売れている。そもそもどういったきっかけで、このようなサービスを始めたのでしょうか?

落合: キリンホームタップのサービスは2017年6月に始めました。ただ、15年8月から1年半ほどかけてテストマーケティングを行っていました。ほぼ同じサービスで、価格は8000円。200人にビールを直送して、サービスの運営に問題はないのか、お客さんの満足度に問題はないのか、などを確認していました。

特に問題はなかったので、初年度は3000人を目標にサービスをスタートしました。初めてのサービスだったので、どのくらいの応募があるのかよく分かりませんでした。350ml換算で600円ほどするので、社内からは「そんなに高い価格で、本当に売れるのか?」といった指摘がありました。一方で、試飲していただいた人からはこんな意見がありました。「信じられないほどおいしい」「店で飲んでいるような感じ」「いや、店よりもおいしいかも」など。

土肥: ふむ。

落合: 17年4月に500人を受け付けたところ、1週間ほどで満員に。社内からは「まずまずだね」「順調じゃないか」といった声がありました。翌5月にも500人を募集したところ、4~5日で満員に。8月に200人を募集したところ、募集人数と入会希望者の数にものすごく差がありまして。PCやスマホなどを使って申し込もうとしているのに、画面がなかなか動かない。そんな状態になって、30分ほどで締め切りました。

こちらの予想以上の人が応募してきたので、「かなりマズいな」と感じました。このままではいけないということで、サーバの容量を増設するなどして、10月に募集を再開しました。800人を募集したところ、再び画面がなかなか動かない状況に。1万人ほどの応募があったので、コールセンターに苦情の声が相次ぎました。「申し込みたいのに、アクセスができない。どうなっているんだ」と。

●アンコントローラブルになった3つの理由

土肥: 計算すると、10月時点での申し込み者は2000人ほどになりますよね。初年度の目標は3000人だったので、まだまだ余力があったのではないでしょうか?

落合: 少しずつ応募が増えて、登録者は月に300~400人を見込んでいました。応募が少なくなれば必要に応じて広告を出して、コントロールできればと考えていたんです。ですが、10月には4時間で終了してしまって、そのときにはアンコントローラブルな状況になっていました。大変ありがたい話ではあるのですが、こちらの見通しが甘かったと言わざるを得ません。

土肥: 問題はどこにあったのでしょうか?

落合: 3つあったと分析しています。1つめはサーバの容量が不足していたこと。当社は従来型のビール産業なので、自社でECサイトを運営することに慣れていません。たくさんつくって、たくさん売るという知見はあるのですが、お客さんから直接注文を受けて発送する。その窓口になる専用サイトをどのようにすればうまく回すことができるのか。その点で、知見が不足していて、想定以上の事態に十分な対応ができませんでした。

2つめはビールの製造が追い付かない恐れが生じたこと。

土肥: ええっ、ちょっと待ってください。「キリンビール」は日本を代表するビールメーカーですよね。大量のビールをつくるのは慣れているはずなのに、2000人ほどのビール(月1リットルのペットボトル×2)を提供できなくなるかもって想像できません。

落合: 先ほども申し上げましたが、当社は大量に生産して、大量に輸送して、大量にお届けする。大量生産に対応できるインフラはもっているのですが、少しの量をつくってそれを届けることに慣れていなくて。キリンホームタップは月額6900円ですが、12月には1人当たり9000円ほどの注文がありました。また、扱っているのは「一番搾りプレミアム」だけでなく、限定ビールも扱っていまして。当初の予想よりも注文が多かったので、生産現場が追い付かなくなるかもという事態になりました。

3つめはアフターサービスの対応に追われたこと。業務用のビールサーバーであれば、担当者がいますので、何か問題が発生した場合には、すぐに対応することができます。ただ、キリンホームタップの場合、お客さんの家で使用するので、自宅に訪問するのは難しい。「使い方がよく分からない」「ビールサーバーのガスが漏れているのではないか」「キャップがかたくて回せない」など、さまざまな声がありました。「既存客の課題を解決する=新規客の対策になる」ので、アフターサービスに手を抜くわけにはいきません。昨年の秋から着手していまして、ここに時間がかかっています。

●お客さんの不満を解決するしかない

土肥: 1つめのサーバの問題は、ぶっちゃけ時間とお金が解決してくれるのかなあと。対応するのは不可能ではありません。

落合: はい。

土肥: 2つめのビールの製造能力については、これもなんとかなるかなあと。いや、ビール会社なので、なんとかしなければいけない。「2000人分のビールをつくることできませ~ん」となれば、それこそ大問題なわけで(笑)。

落合: はい。いまは工場を整えまして、問題ございません。

土肥: そうなると、最大の問題は3つめのアフターサービスではないでしょうか。初めてのサービスなので、頭になかった問題も起きているはず。また、現場に足を運ぶことが難しいので、電話口でお客さんから「何を言っているのか、よく分からん!」といったお叱りの言葉もあったのではないでしょうか?

落合: 2000人にご利用いただくと、2000通りの問題が出てきたといった状況です。お店で生ビールを注文すると、きれいな泡が出てくることが多いですよね。適切な量で、きめ細かで。キリンホームタップを使えば、お店ででてくる生ビールと同じようなモノがつくれるはずと思われているお客さんが多くて、「きれいな泡ができないじゃないか」といった声もありました。

お店でビールをつくったことがある人であれば想像できるかと思うのですが、ビールの泡はそのときの状況によってどうしてもバラつきが出てしまうんですよね。こうした課題をどのようにすれば克服できるのか。技術系の担当者と「改良できるのか、できないのか」といったやりとりを何度もしました。また、実際に使っているお客さんの自宅を20軒ほど訪問しました。どういう操作をしたのか、どうしてこうなったのか、どんな不満があるのかなどを聞いて回りました。

土肥: ええーっ、そこまでする必要はないのでは?

落合: いえ、そういうわけにはいきません。この事業は継続させることがものすごく大切だと考えています。加入者数は多かったけれども、継続率は低い……ではダメ。継続率を高くするにはどうすればいいのか。お客さんの不満をひとつずつ解決するしかありません。現状、お客さんの不満を解決できていないので、応募を再開できていない状況なのです。

土肥: 再開のメドは?

落合: 今年度は難しくて、できれば来年度に再開できればと考えています。

●「家で新鮮なビールを飲みたい人が多い」ことが分かってきた

土肥: 家庭用のビールサーバーって、以前にもなかったでしょうか? 確か10年ほど前にもあったような。

落合: ありました。「キリン樽生一番搾り」(2980円、1520ml)専用のサーバーをセットして、炭酸ガスの圧力でビールを注出するというサービスを展開していました。2002年12月に全国販売して、専用サーバーは数十万台も売れたんですよ。10年ほどサービスは続いたのですが、12年12月に終売になりました(サーバーは09年12月に終売)。

土肥: 数十万台といえばかなりの数ですよね。なぜ終売になったのでしょうか?

落合: 簡単に設置するだけで自宅で、生ビールを飲むことができる。発売当初はものすごく好調だったのですが、しばらくするとお客さんから「違うビールはないの?」といった声をたくさんいただくようになりました。また「価格が高い」といった意見もありました。

違うビールを提供したものの、別の問題が出てきました。スーパーやコンビニなどで販売していたのですが、店頭に並べてもらえなくなってきたんですよね。売れなくなってくると、販売することが難しくなる。当社として、そこをコントロールすることは難しい。お客さんは買いたいなあと思っていても、店に行っても売っていないケースがありました。また店頭に並んでいても、なかなか売れていなかったこともあってちょっと古いモノが並んでいるケースもありました。

土肥: 「ビールの種類が少ない」「価格が高い」といった声のほかに、サイズの問題もあったのではないでしょうか。1520mlとなるとかなりの大きさになる。スーパーやコンビニ側からすると「場所もとるのに、売れないとなれば、棚に並べることはできない」となっても不思議ではありません。

落合: おっしゃる通りだと思います。ただ、この事業を通じて「自宅でビールサーバーを使って新鮮なビールを飲みたい人がたくさんいる」ことが分かってきました。大々的に展開すると、短期的に売れるかもしれません。ただ、継続的に飲んでいただくためには、当時は環境が整備されていませんでした。

継続的に楽しんでもらうためにはどうすればいいのか。不特定多数の人に販売するのではなく、会員制にしてはどうか。新鮮なビールを飲んでもらうには、定期的に配送すればいいのではないか。ECサイトで販売すれば、前回の課題を解決することができるのではないか。といったことを考えました。

●安定的に稼ぎ、優良客をつかむ

土肥: スーパーやコンビニなどを介さない直販モデルを採用すれば、詰め替え用のビールが店頭から姿を消すという問題を避けることができる。サーバーは持っていても、ビールが買えないという前回の課題を解決したわけですよね。

それだけではありません。月額制にしているので、月々の売り上げが見込めることも大きい。また、高価格の商品を購入する客を手にすることができる。安定的に稼ぐことができて、優良客をつかむことができるビジネスモデルですね。

落合: まだまだ規模が小さいので、売り上げはそれほど大きくはありません。「大成功」というゴールがあるのであれば、スピードを重視することも考えられるかもしれませんが、このビジネスは「信頼」されなければいけません。繰り返しになりますが、お客さんの不満をひとつずつ解消して、継続していただかなければいけません。そのために、ご迷惑をおかけしていますが、いまは応募を受け付けていないのです。

当社はビールを大量につくっている会社なので、この事業で同じことをする必要はありません。お客さんに付加価値であったり、非日常の体験だったり、そんなことを提供することが大切なのかなあと。例えば、ワインが好きなお客さんがいれば、特別なワインを提供する――。そんなことができるプラットフォームに成長することができれば、と考えています。

(終わり)

>ITmediaビジネスオンライン 6/6(水) 8:20配信分より転載させていただきました。

Ver5.0消火ボックス

20170419_054351628_iOS

セコムアルファさまのトマホークジェットが

フルモデルチェンジをしまして、第五世代に入りました。

 

4台用ボックス

4台用ボックス機器図

 

増設4台用ボックス

増設4台用ボックス機器図

 

20180301_051754821_iOS

右側が2台用ボックスで、左側が増設3台用ボックスです。

 

20180302_024859150_iOS

各ボックス6種類ともVer4.1より寸法が変更されています。

主な性能・機能向上としましては、ログが取れるようになり、

スケジュールランプが設けられたことが相違点となります。

Ver5.0トマホークジェット

1台用ボックス

1台用ボックス外観図

セコムアルファ製 BO-X1130

 

20140910_091140

フード消火装置には1台用ボックスという製品があります。

個人宅等へ任意設置にて使用することが主です。

 

20140910_090958

移報信号は警備システムとの連動が多く、ノズルは

小型レンジ(FR)を通常用いります。

 

IMG_2595

このグリスフィルターは廃版となった

アクアクリーンフィルターが設置されて

いますので、装置必要数が減免されています。

 

IMG_2598

そのため、写真のように1台と4台用ボックスの

組み合わせという、あまり見ない設置もあります。

 

 

IMG_2617

久しぶりの那覇 泡盛コーヒーが流行っていますよね

所感;酒と珈琲は別箇に飲みたいですね

M仕様 電気

ファーストフード店舗で設置されます

TOMJET-Mの電気パートです。

 

20160205_143818

コントローラーDは通常の制御盤のような

移報や拡張性がなく、単純構成です。

 

20160205_143733

筐体にコントローラーを組込むときに

挟み込むプレートです。

 

20160205_143916

センサーは日本フェンオール社製です。

 

20160205_143953

リモートスイッチは通常と品同等です。

 

20160216_132234

設置後の手動起動装置は通常品と比較

しても外観上に相違はありません。

 

20160216_132327

右側のトグロスイッチはメンテ用で

中央の赤釦はダクトセンサーが断線

しているかどうかを確認できます。

 

 

img_0222

今夜は満月が通常より大きく明るく見える

68年振りとなるスーパームーンが非常に

美しかったです。

 

 

 

M仕様 機械

ファーストフード店舗で設置されます

TOMJET-M仕様の機械パートです。

 

20160216_132402

2台用ボックス

外観上の特徴は右上表示部が表示灯なしで

化粧パネルが貼られています。

 

20160205_144058

フライヤー用スプレーノズルですが

割フランジが付属されています。

 

20160216_140221

設置時はFL;1.200mm程度となります。

火源直近で放射され、側後面に絶大なる

消火能力を発揮します。

 

20160216_132101

ボンベもノズルパターンに合わせた特殊品です。

 

20160216_140157

感知器や銅管は露出で角ダクトへ設置されますので

耐熱と美観を考慮して施工します。