福岡県福岡市早良区 都商事有限会社

弊社は昭和51年に設立しました、九州で唯一のダクト・フード消火装置の総合商社です。また、ワンストップ防災設備に関わり、消防法に則った業務全般を専門とする会社です。

消火設備

電気盤内ハロン消火設備 電気工事

某工場にてハロン消火設備の新設工事で

電・管・塗の設計及び施工すべてを請け負いました

20191018_083046262_iOS

6年振りの元請け立場として、現場常駐での

施工管理業務でしたが、とても楽しかったです

 

20191021_225610122_iOS

防護範囲は電気盤内です

 

20191017_004231832_iOS

壁スラブのコア抜き部は、電線管へ

貫通処理を施します

 

20191017_004342194_iOS

充満表示灯の防雨カバー取付け

 

20191017_022125567_iOS

手動起動装置の防雨ボックス取付け

 

20191018_075053064_iOS

操作箱の結線

 

20191017_023520533_iOS

回転灯と音響警報周りの施工

 

20191017_012751084_iOS

ベンダーでの薄鋼電管曲げ加工

 

20191017_063444778_iOS

E管の延伸

 

20191017_230748754_iOS

縞鋼板、チェッカープレート厚3.2mmですので

超硬刃ホールソーにて開口します

 

20191018_035824138_iOS

耐熱電線の引込み通線

HP0.9-5P/同-2C×2

 

20191019_022824019_iOS

容器弁周りはフード消火の銅管より太い10mmです

操作銅管の切断・フレア加工

CU-φ10

 

20191019_040950400_iOS

蓄電池と制御盤を耐火電線にて結線

FP1.6-3C

 

20191021_055328127_iOS

完成;制御盤・蓄電池・リレー盤(ボンベ庫内)

 

20191019_090349025_iOS

完成;回転灯・音響警報

 

20191020_040935761_iOS

完成;充満表示灯・手動起動装置(その1)

 

20191021_061407825_iOS

完成;充満表示灯・手動起動装置(その2)

 

20191018_0835097475_iOS

都商 工務課にとっても久しぶりのプラント工事でした。

泡出しSV

*夏期休暇のお知らせ

2019年8月10日(土)より18日(日)まで

とさせていただきます。

 

 

IMG_0779

第3石油類を取り扱う某危険物施設において

たんぱく泡消火栓の社内試験と消防検査を

スーパーバイザーとして対応しました。

 

IMG_07561

作業者さんに泡原液800Lを送液してもらいましたが、

上手な方で、泡タンク側から吹くこともなく満充填できました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現地は海沿いでもあり、泡水を微小たりとも漏らしたく

ないので、検査用仮囲いを作ってもらいました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たんぱく泡の「匂い」ご存じですか?

 

IMG_1666

たんぱく泡は、消泡剤をまくと効果てきめんですよね。

 

*最後の2枚は、たんぱく泡を触られた方したか

判りにくいと思います。。。

 

MF モーターバルブ取替え

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2010年秋暑の候に設置しました、マイクロフォグ消火です。

*SUS配管sch160-φ50A

 

20181220_020140678_iOS

保守点検をしていますと、電動弁(上部写真黄枠部)が

故障していましたので、SV対応で取替えました。

* 実作業は現地営繕担当さん

 

20181220_040802769_iOS

使用圧を考慮しまして、ボルテックスパッキン

(RF型内輪)を再選定して交換しました。

 

20190125_015729321_iOS

更新なので、新品ですが閉度位置がズレています。

スーパーバイザーで請け負いましたが、ここで

調整作業が発生してしまいます。

 

20190125_020809179_iOS

リミットスイッチは4連のカムシャフト方式です。そのため

開度調整が無段階のため[調節→試運転]を繰り返しました。

 

20190125_015833587_iOS

上写真が全開で、下写真が全閉です。

 

20190125_061622340_iOS

技術指導だけだったので、あとは観光しようと

思っていたのに残業対応でした。の結果、開閉

良好となりました。

とても良い技能経験をさせていただきました(喜

設備全体の試運転へと移ります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

吐出圧力は3.5MPaと非常に高圧です。

施設内循環水自体に押込み圧がありますので、

吸込圧力が0.5MPaを指しております。

 

20190125_014223409_iOS

テストヘッドからの放水試験です。

近距離で霧化しているのが判ります。

 

sus_cata_page001 sus_cata_page002

*ヤマトプロテックさんがJIS G 3454圧力配管用炭素鋼鋼管

(STPG)に代わりますステンレス鋼管を開発されました

移動式粉末消火設備取替え

IMG_7525

道の駅某所にて、駐車しようとした車両に、

破壊されてしまった筐体です。

 

IMG_7528

まずは破損部から取り外します。

 

IMG_7554

次にアンカーを打ち直しましたら、設置水平をとります。

そのあとに、位置表示灯の再結線をしていきます。

 

IMG_7559

最後に各所組み込んでいきます。

 

IMG_7568

これにて初田製作所さんMSCP-75Bへと

取替えが完了しました。

yp100周年記念祝賀会

20180317_041241451_iOS

ヤマトプロテック株式会社さんが創業100周年を

記念して、祝賀会を開かれました。

誠におめでとうございます。

 

20180223_0315076861_iOS

会場内は、大勢の客とyp員でいっぱいでした。

 

 

そのような中、高みを極めるつながりで

オノボリしました。

20180224_100138421_iOS

スカイツリー ソラカラポイント451.2m

 

 

20180224_100609270_iOS

展望回廊エレベーター内の奥側は透明天井で、

シャフト内頂点部が見えます。

 

IMG_68031

さりげなくypカスタムカラー消火器がありました。

 

20180224_233600620_iOS

東京タワーは懐古的建造物となりましたね。

 

 

トマホークⅢ ③

トマホークⅢ 3/3回目は感知器連動についてです。

 

20161227_061605966_iOS

警戒方法としまして、各種感知器と連動して自動

とした場合は電源・自動の表示灯のみ点灯します。

 

20161227_040824676_iOS

天井左側が煙感知器で、右側が熱感知器です。

 

20160315_114753

セコム警備システムとの連動も可能で、無人区画でも

異常や起動等があれば、自火報盤とは別個に24時間

オンラインでセキュリティがかけれます。

 

20161227_044041270_iOS

試験にて光電式スポット型感知器を模擬発報させた

まま、定温式スポット型感知器を発報させまして

自動起動するかの確認です。

 

20161227_053632772_iOS

通常警戒状態

 

20161227_053619346_iOS

起動の自圧にて、圧力スイッチを押して防護区画

入口に設置された充満表示灯を点滅させます。

 

 

マイクロフォグの詳細 その2

船舶機関室に設置しました設備詳細 その2です。

yp マイクロフォグ

 

20150518_095443

コントロールルームにある遠隔起動装置

主機や発電機等が見える制御室内からの押釦です。

稼働表示も兼ねています。

 

20140924_125143

表示灯付き電子ベル

各区画に1個ずつ設置されていて、音量102dB/1m

となっています。

 

20170327_234140211_iOS

現地手動起動装置

セレクター式で右側へ2秒倒すと起動、左側へ2秒

倒せば設備停止・復旧となります。

 

20170327_234540820_iOS

警報盤

ブリッジと呼ばれる操舵室に設置されていて、インジケーター

のみとなっており、警報音と状態表示をします。しかし起動はできません。

 

 

20180122_231250243_iOS

XXIO-10 Miyazaki

「飛びの芯喰い」という愛称がついた10代目ゼクシオですが、

HDCP.36のセミアマチュアゴルファー(僕)に的確なフルセット

でして、去年より再開しましたゴルフの技量が上がりました!

(気がしてます‥)

トマホークⅢ ②

20160315_114815

右側の見慣れた塗装色のボックスが、ピストンダンパー

閉鎖用の起動容器収納箱です。

 

20160315_113938

ソレノイドにより容器弁を破り、二酸化炭素ガス

の加圧によって、ダンパー閉鎖となります。

貯蔵容器;2.1L/1kg

 

20160315_112617

容器弁は、セコム社グループ会社であるコーアツ社製です。

 

20160315_110700-1-300x169

 

ピストンダンパー常時 開の状態です。

 

20160314_191949-300x169

起動しますとPDにガス圧がかかり、閉の状態となります。

 

 

20161227_043049411_iOS-300x225

もうひとつ閉

 

20161227_043119447_iOS-300x225

そして開

 

20160315_113004

右上が手動起動装置で、右下が復旧弁箱です。

 

20161227_041419399_iOS

もうひとつ手動起動装置と復旧弁箱の開です。

 

20161227_054932689_iOS

退避銘板 室外側

当該場所は湿度も管理されているので、ドアノブハンドル

もごっついです。

 

20161227_041405439_iOS

防護区画内側扉用銘板 室内側

HFC23は燃焼連鎖反応抑制で、消火時に有害な

熱分解性生物が発生します。よって、人体に危険ゆえ

退避が必要となります。

ハロン消火設備工事 電気

ハロン消火設備工事 管 の続きで電気施工編となります。

 

IMG_9331

建屋増築に伴うハロン消火既設設備の増設ですので、

電気工事も既存品の改修と盛変えが主となります。

JISC8305鋼製電線管をベンダーで曲げていきます。

 

IMG_9361

スピーカーは移設となったので、既存配管途中部を

撤去してからE管で引きなおします。

 

IMG_9363

薄鋼で敷いて通線していきます。

 

IMG_9373

搬入用開口部が増えたので、充満表示灯を増設します。

設置高さは既存品と揃えています。

 

IMG_9627

既存電管と色あわせの調合をした塗装を施します。

 

IMG_9448

制御盤へ各電気配線を再度結線していきます。

架台は蓄電池と起動装置も縦配列で、避水防止

一体型としています。

 

20170307_091500039_iOS

試運転で扉開・起動・非常停止・再起動の流れを

みていきます。

 

20170307_091440339_iOS

充満表示灯の点滅灯が白熱電球からLEDとなってきて、

消費電力も1/10程度と少なくなり、蓄電池容量が大幅に

小さくなりました。当該設備で4Ahです。

 

20170308_080319945_iOS

手前上段よりTY4型制御盤、中段がFE7型非常電源装置、

下段がAR2型起動装置です。

 

20170308_081139941_iOS

完成写真内

①,②充満表示灯 ③手動起動装置 ④消火栓箱

マイクロフォグの詳細 その1

船舶用のマイクロフォグの機器について追記します。

http://miyako-shoji.com/?p=330

 

20150113_082715

浪速ポンプ製作所社製 50A φ3-440v/7.5kw

写真右側の白色塗装されたYストを通してポンプ

上部にある青色塗装の制御弁側へと吐出します。

 

20140924_125337

ポンプ起動盤

左下の操作スイッチで自動起動か主導起動かを

切換えれます。右側ですとオートに、左側にすると

マニュアルへとなります。

 

20140924_124828

マイクロフォグノズル

狭所用のYMH-3SEノズルを真下よりみた写真です。

メインエンジン等の高所にはYMH-3SH型となります。

 

20150113_143108

圧力スイッチ

ポンプ2次側より分岐取出しして、感知圧力0.3MPa

開閉圧力差0.1MPaにて水圧低下を機械的監視して

います。

 

20150113_143117

ノーケン社製 水槽減水センサー

フロート式で今回はB接点です。

 

20150113_143127

水槽点検蓋

H.M.W.Tはハイパーミストウオータータンクの略称です。

 

20150507_091035

M16ナットでおびただしい箇所が締結されています。

 

20150507_091048

水槽内は防錆加工されています。

 

20150113_082718

日本バルブコントロールズ社製

電動弁ヘッダー周りです。

右側にみえるフランジ付バルブがテストやエア抜き用です。

 

20150507_133804

電動弁を横から見ましたら、通常警戒時は閉止の

シャット[S]状態と判ります。

 

20150507_133718

該当区画を起動すれば、オープン[O]となります。