福岡県福岡市早良区 都商事有限会社

弊社は昭和51年に設立しました、九州で唯一のダクト・フード消火装置の総合商社です。また、ワンストップ防災設備に関わり、消防法に則った業務全般を専門とする会社です。

ハロン消火設備工事 管

ハロン消火設備工事 管

ヤマトプロテック社よりハロゲン化物消火設備の増設工事を

請け負いました。施工内容としましては12項イ工場電気室の

拡張に伴い既設2本ボンベを4本へとしガスヘッドを追加します。

 

IMG_9287

圧力配管用炭素鋼鋼管  亜鉛めっき白管

STPG370-sch40   JIS G 3454

スケジュール(sch)の定義は使用圧力と許容応力によって

肉厚体系を表示します。

 

IMG_9291

継手は機械構造用炭素鋼 S25C

 

IMG_9295

炭素(C)含有量が25%ですからS25C、ゆえにS45Cは45%前後

となります。

 

IMG_9305

主管で40Aと小径ですので熔接はなく、バンドソーを用い

切断してねじ切り機で加工します。

 

IMG_9426

65A以下はねじ継手で施工なのでパイプレンチで

締めこんでいきます。

 

IMG_9334

機器が据わる前の電気室内に枝管を吊りこみます。

 

IMG_9409

貯蔵容器架台へボンベと集合管・連結管を組み込みます。

 

IMG_9508

配管布設後に0.5MPaで気密試験を1時間とします。

*【敷設】ではないと皆様ご存知でしたか?

 

IMG_9657

区画貫通部は耐火パテ処理します。

 

IMG_9558

塗装は下地を1回施します。

 

20170308_064902707_iOS

本塗りも電管を併せて塗ります。

 

20170308_070501920_iOS

仕上げの2回目塗装です。

 

20170308_072542467_iOS

ガスヘッドは圧力損失計算をしまして、この箇所は

コード#K30となりました。

放射時の室内ハロン濃度は6.25%でした。

 

IMG_9519

ハロンボンベ架台と制御盤ユニット

防護面積が600立方メートル強なので、容積係数0.32を

乗じて所要ガス量≒200kgとでます。よってボンベは

68L/50kg×4本となりました。

 

20160113_133556

昭和のyp社社章

« »