福岡県福岡市早良区 都商事有限会社

弊社は昭和51年に設立しました、九州で唯一のダクト・フード消火装置の総合商社です。また、ワンストップ防災設備に関わり、消防法に則った業務全般を専門とする会社です。

消火設備

ハロン消火設備工事 管

ヤマトプロテック社よりハロゲン化物消火設備の増設工事を

請け負いました。施工内容としましては12項イ工場電気室の

拡張に伴い既設2本ボンベを4本へとしガスヘッドを追加します。

 

IMG_9287

圧力配管用炭素鋼鋼管  亜鉛めっき白管

STPG370-sch40   JIS G 3454

スケジュール(sch)の定義は使用圧力と許容応力によって

肉厚体系を表示します。

 

IMG_9291

継手は機械構造用炭素鋼 S25C

 

IMG_9295

炭素(C)含有量が25%ですからS25C、ゆえにS45Cは45%前後

となります。

 

IMG_9305

主管で40Aと小径ですので熔接はなく、バンドソーを用い

切断してねじ切り機で加工します。

 

IMG_9426

65A以下はねじ継手で施工なのでパイプレンチで

締めこんでいきます。

 

IMG_9334

機器が据わる前の電気室内に枝管を吊りこみます。

 

IMG_9409

貯蔵容器架台へボンベと集合管・連結管を組み込みます。

 

IMG_9508

配管布設後に0.5MPaで気密試験を1時間とします。

*【敷設】ではないと皆様ご存知でしたか?

 

IMG_9657

区画貫通部は耐火パテ処理します。

 

IMG_9558

塗装は下地を1回施します。

 

20170308_064902707_iOS

本塗りも電管を併せて塗ります。

 

20170308_070501920_iOS

仕上げの2回目塗装です。

 

20170308_072542467_iOS

ガスヘッドは圧力損失計算をしまして、この箇所は

コード#K30となりました。

放射時の室内ハロン濃度は6.25%でした。

 

IMG_9519

ハロンボンベ架台と制御盤ユニット

防護面積が600立方メートル強なので、容積係数0.32を

乗じて所要ガス量≒200kgとでます。よってボンベは

68L/50kg×4本となりました。

 

20160113_133556

昭和のyp社社章

トマホーク3 ①

20161227_040410006_iOS

 

 

 

 

 

 

 

セコムアルファ社製 トマホークⅢ

煙センサーと熱センサーの同時感知によりHFC23ガス

消火剤を自動的に放射する自動消火システムです。

外寸;(H)2,150mm×(W)340mm×(D)354mm

重量;66.5kg  *ボンベ除く

 

20160315_114700

右側がキャビネットA(親機)となりコントロールパネル

(制御盤)がつきます。中央と左側がキャビネットB

(子機)の組合せです。t=1.6mm鉄板製焼付け塗装仕上げ

 

20161227_040445580_iOS

歴史資料館の保管庫1階へ3台設置しました。

 

20161227_040810697_iOS

2階へも3台据付けました。

 

20161227_040257058_iOS

ボンベBMB-0360

14L/11kgから68L/55kgまで6種類設定されています。

写真は41L/30kgです。

 

20160202_095015

電算機室やサーバー室のフリーアクセスフロアに対応

する場合の架台です。

 

20160315_100918

ノズル NZ-L0230

φ64mmで材質はアルミ合金ダイカストです。

噴射部には防塵シールが貼ってあります。

 

20161227_043809250_iOS

檜床に縁枠化粧造作で意匠にも配慮しています。

 

20170208_025038939_iOS

3年振りのシルクドソレイユ来日ですね。

トーテムは、人類の進化が演題です。

 

 

エスピオ2

20160621_081922

キッチンエスピオⅡ YKE-4

ヤマトプロテック製 性能評定合格品

 

20160621_082026

本体上部にプレッシャーゲージがあり、再燃防止に強い

性質をもつ中性強化液消火薬剤1.5Lを30数秒で放出します。

 

20160621_082035

指示圧力計の裏には加圧弁がついています。感知ノズルは

95℃で自動起動となります。材質はヒュージブルメタル製

(共晶合金)で一体型です。

 

20160729_133828

天井下端より200mm以内かつ火源想定位置より1,200~

1,900mmの高さへφ6銅管を伸ばして感知ノズルをもって

きます。

 

20160729_133856

今回は賃貸マンションを経営されているオーナーさまより

駐車場にて車両火災が起きた場合の任意防火の設置工事を

承りました。

 

www.morita-ug.com - auto-extinguisher2

他にもモリタユージー社製の下方式放出自動消火装置

マルチレオを喫煙ブースへ設置したりと防火対策に率先

して取り組んでいます。

船舶の消火設備②

船舶の消火設備①でありました続きとなります。

 

20140924_125012

コントロールルーム内にある自火報盤は左側モニター

2面に表示されます。

防災設備に関わらず、傾斜角異常や過積載等全ての

警報がマルチモニター上にでます。

 

20150903_134225

地区ベルとガス消火用スピーカー

 

20160106_085158

右上は警報機、左下はセレクター式の警告音スイッチ

で、下中央3つは消火栓ポンプ起動釦です。

 

20160106_085224

右は発信機です。左2つのスイッチは貨物室とエンジン室

音響停止釦です。下は非常コンセントです。

 

20160106_084833

光電式スポット型感知器

 

20150507_092520

救命ボートは海上で目立つようにオレンジ色に着色

されています。

 

20150113_1254022

漂流に備えての飲料・非常食・通信機・医療品・

発煙浮信号等がはいっています。釣具もあるそう

です。

 

20150507_092537

右側白色が救命いかだ

 

20150507_092548

カプセル型いかだは海上に落とすと膨らんで救命艇に

なります。

 

20150903_091058

麻布で捕縛されているのは木製避難はしご

 

20150518_095528

ガス消火エリアの直近には、空気呼吸器が設置されています。

 

20160106_084908

長さ22mの巨大避難はしごです。使用時には手摺の

部分が持ち上がるため、安全に退避できます。

 

20150903_0913181

こちらの甲板は非常時の集合場所となります。

鋼線でMUSTER STATIONと表記があります。

 

20150903_0910281

マスターステーション直近のボックス内には

発煙浮信号自己点火灯が入っています。

 

 

次はアイコン標識をみていきます。

20160106_084600

非常口

 

20160106_084755

非常用放送スピーカー

 

20150903_090951

 

20150903_090302

 

 

20150903_0859181

 

20150903_090413

防災設備かどうかも判別がつかないモノも紛れて

きましたが、国際海事機関(International Maritime

Organization; IMO)が定める、海上における人命の

安全のための国際条約SOLASや船舶救命設備規則等

で決められた設備が設置されています。

船舶の消火設備①

外洋貨物船には種々の消火設備があります。

 

こちらの造船会社では全長150m、幅25m、深さ15m、

10,000t級で載貨総重量14MTをシリーズで年3隻

進水しています。

 

20140924_103938

消火設備室

 

20150518_094356

マイクロフォグ消火制御盤1面・二酸化炭素消火起動

装置3個が設置されています。

 

20140924_103018

第一荷室用CO2消火起動箱

 

20140924_103050

同箱の内部

黒色ボールグリップを手前に引くと手動起動と

なります。上部にリミットswあり。

 

20150903_125812

貯蔵容器室にあるカードルです。

 

20150903_125853

この船籍級で80本程度あります。

 

20150903_125821

消火設備室にある起動装置と同じものです。

踏み台が選択弁に掛かっているのは‥。

 

20150903_125801

遅延装置

 

20150507_091434

放射区画内にあるヘッドです。配管肉厚がsch80かは

不明です。

 

次は水系設備をみていきます。

20140924_125659

舵機室にあるホースです。奥に消火栓バルブがみえます。

 

20140924_125644

バルブ拡大写真

右側の配管は保守用エアーです。

 

20150903_090745

屋外通路に設置されたバルブ

 

20160106_084423

消火栓セット

 

20160106_084436

箱を開けるとホースと短型筒先が収納されています。

 

20160106_085009

各種消火水槽にある給水口、最上部はデッキ開放式

溢水口です。

 

20150903_134101

エンジンルーム手前に設置されている泡放射器

 

20150903_134120

泡原液、ピックアップチューブ、ホースの組合せ。

 

どことなくプラント消火設備に似た雰囲気があり

ます。次回は自火報、避難器具、避難用ボート等を

紹介します。

 

 

 

 

 

福岡市立学校 消防設備保守点検③

学校保守点検の設備として、自動火災報知設備や

非常警報設備・誘導灯もあります。

 

20150723_135418

左側が自動火災報知設備盤、右上の小さい盤が

屋内消火栓等の警報盤、右下が非常放送設備と

なっております。

 

695

狭い階段室

 

20151210_135726

高い壇上

 

699

体育館ステージ下にも感知器があります。

 

20150908_152539

体育館の天井を警戒しているφ2銅管の空気管

 

716

検出部の試験孔より送気

 

736

竪穴区画、通称はと小屋にも

 

752

防火扉起動前

 

753

防火扉起動中 → 全閉となります

これらの信号を職員室に設置してある盤にて、受信号

や警戒区域を確認します。

 

769

 

誘導灯もあり

20150804_135443

照明が切れていれば

 

20150804_135253

管球交換をします

 

 20150723_152255

あとは外観目視と清掃をおこないます

 

20150723_152315

蓄電池残量が適正かどうかをみて、最後に1次電源を

落として電源切替わりを全数確認します。

 

20150916_145558

こちらは防爆仕様です。

福岡市立学校 消防設備保守点検②

福岡市立学校 消防設備保守点検①の続きです。

 

下期の点検は、冬休みだけでは日程が足りません

ので授業中に行う日程もあります。入室や音響鳴動

に制限がかかりますが、臨機応変に要領よく点検

項目を組み替えるのも腕の見せ所であります。

 

373

テラル社 屋内消火栓ポンプユニット

電動機・ポンプ・制御盤が一体形として組み込まれて

います。火災の初期消火を目的とし、人が操作して

使用する設備です。

 

20151222_130254

流量計にて規定流量の300L/minを計測して、各数値

を測定していきます。

 

765

廊下に設置されている消火栓箱です。市立学校は

RC造のため、リニューアルや増築時は露出する

ことが多々あります。

 

726

左の押しボタンが火災報知設備用で、下の押し

ボタンが屋内消火栓起動ボタンです。

 

20150804_113533

屋内消火栓起動ボタンが箱内にある場合は、真ん中

のボタンを押すと、ポンプ起動と同時に確認ランプ

が点灯します。

 

20150804_130852

ポンプ直近放水

 

20151222_134548

最遠放水試験

屋上のテスト弁で放水しています。

 

IMG_8203

同じ水系設備のなかでも12,000L/minという大型

消火ポンプもあります。吸込み300A、吐出し250A

電動機は160kwで、水量も12,000L/minと莫大で

放水試験時は圧巻でした。

 

福岡市立学校 消防設備保守点検①

夏休み期間中に、福岡市立の小中学校で保守点検を

行っています。屋内消火栓・非常電源・自火報・非常

警報・誘導灯・避難器具・消火器と設備があります。

 

766

真ん中にある箱が「救助袋」と呼ばれる避難器具です。

安全性が高く、多くの人を収容する建物(学校・病院・

官庁施設等)に最適です。

塗色がアイボリー系かつ銘板も赤色ではないので普段は

目立ちませんが、なかにはポリエステル帆布製の袋本体や

入り口金具と脱出口等が接続されて箱の中に入っています。

 

20150723_142307

救助袋は3階や4階に設置していて、地上まで直接

降りられます。廊下で展開すると、このような長さに

なります。

この時に破れ・ほつれがないかを確認します。

 

20150804_133237

廊下の窓ガラスを開けて階高を記し、バラストとなる

砂袋のついている誘導綱を用いて地上要員へ降ろします。

 

20150804_133538

布本体に巻き込まれないようにして、誘導ロープを

ゆくっりと下ろしていきます。

 

20150804_132830

地上で救助袋をつなぐ固定環です。

鋼鉄製のフタに4と数字が記載されています。これは

階数表示です。避難しようとする階高との相違がないか

を確実に確認します。

展張した本体にねじれがないかも確認します。

 

20150804_133119

フタを開けると固定用の鉄環がありますので、降下してきた

救助袋の先端である オレンジ色のフックを接続します。

 

20150804_133138

これを固定環2箇所に着けて白色のロープをキツく

引っ張り、入り口枠側を見上げてみます。

 

20150804_133327

入り口枠(4階窓枠)から地上まで高さ十数メートル

になります。

 

20150804_133316

滑車間のロープを調整した後に脱出口が地上より

50センチメートル程度の高さであるかを確認します。

その際、袋全体が左右均等になるように調整します。

これが斜降式救助袋となります。

 

20150804_134647

垂直式救助袋

今度は3階から真下へ向けるタイプの救助袋を点検します。

 

20150804_135006

袋本体の滑降面がスパイラル(らせん)形状になって

います。そのためゆっくりと一定の速度で避難することが

できます。

 

20150804_132811

展開前

銘板や固定環がある箇所には駐車及び資材を置かない

ようにします。

 

20150804_135015

展開後

総じて、救助袋に入れば下界がみえないため恐怖感

なく避難ができます。老若問わずに安全に使用できる

のが利点です。

 

20151222_142828-1

降下時の様子

 

763

引張りあげるのが一苦労ですが。

 

 

20150804_094151

点検前の消火器です。

封印のピンが割れて外れています。

 

20150804_094320

放射がないかを確認した後に破損部の交換や外観上の

適合確認をします。

清掃をして点検ラベルを貼り付けて、銘板のある元の

場所へ設置します。

 

学校保守点検については②、③へと続きます。

 

 

 

フェリーの消火設備

北海道沖合いで昨日今日と洋上火災を起こしている

ニュースを知り、少しでも乗船事前知識になればと思い、

GWに乗船しました門司- 大阪間運行フェリーへ設置

されていた、船舶ならではの消火設備や救命品を書き

留めてみます。

国内航船は消防法ではなく、船舶安全法 第二条第一項に

基づく船舶消防設備規則で規定されています。

20150513_204556

 

 

救命筏

カプセルを開けると、いかだが巻かれています。

使用時の展張と投影面積を鑑みると、このような形状

が適格なのかなと思いました。鉄柵に取り付けられて

いる黄色い看板が取扱説明です。

20150509_050712

 

 

屋外(?)消火栓の放水口とホース

放水口の右横にあるフランジ接続された蛇口は、排水栓

か呼水栓なのでしょうか。

20150509_050701

 

 

救命艇

船外機は可搬消防ポンプや消防車も製作されている

トーハツ社製品です。国際航路船も同じように塗色は

オレンジ色です。

20150509_050645

 

 

屋内(?)消火栓

扉を開いても手すりに接触しないように、欠いでいる

のが判ります。

20150508_223140

 

 

開けると基本構成は、消防法と同様です。

20150508_223152

 

 

発信機

機能としては押釦のみで、直上に表示灯もあります。

20150508_223054

 

 

破蓋転倒式化学泡消火器

消防設備士乙種6類の試験問題でしかみたことがありま

せんでした。

20150508_180554

 

 

誘導灯

H11年以前の蛍光灯式大型と同系にみえました。

20150508_223104

 

 

上記3種はこのような感じで設置されています。

20150508_223031

 

このブログを見ていただいている方は防災設備に携わる

方が大多数だと思われますが、個室内に常備されている

救命胴衣を含めまして乗船時に位置確認をすることが

備えあれば憂いなしにつながると思います。

‥と書きましたが、今回ニュースででてきている車両駐車

階の手動式スプリンクラーは気付きませんでした。

 

 

備忘録ついでに

20150801_112124

知人より、博多座でミュージカルの千穐楽となる

最前列席チケットをいただきました。

眼下ではオーケストラ演奏、カーテンコール時は3階

席までスタンディングオベーションが広がっていき、

ミュージカルを久しぶりに感嘆観覧しました。

福岡に居住しだして、観劇や寄席に気軽に行くことが

増えました。秋の恒例になりました博多・天神落語

まつりが、また楽しみであります。

マイクロフォグ

ヤマトプロテック社製 マイクロフォグ消火設備の

制御盤です。

20140924_102853

現在の消防法では消火設備としては合致しません。

特例32条で所轄消防さんと折衝して設置することも

可能ですが、やんわり?と水噴霧消火設備を指導

されると思います。

今回は船舶なので船舶安全法に則り、日本海事協会

[NK]さんの検査を受検します。

高圧強制押込みによって微細な噴射をすることで

ガス系の窒息雰囲気と水系の冷却効果が得られます。

スプリンクラー消火設備は1,000μm水噴霧消火設備は

500μm、マイクロフォグ消火設備は50μmと微粒化

することによる表面積拡大で人体無害で積極的な消火が

可能です。

 

舵機室内にあるポンプ周りです。

20150113_082617

オペレーションマニュアル(取扱説明)では右側が

フレッシュウオータータンク(水槽)です。

デリバリーパイプ(給水管)よりポンプに入り0.8MPa~

でヘッダー(集合管)にあるエレクトリックモーター

バルブ(電動弁)で任意の区画へ送水します。

スプリンクラーや泡消火設備のようにプレッシャー

(圧力)スイッチで感知(ディテクト)するプレッシャー

ロウ(吐水圧低下)やウオータタンクロウレベル

(水位低下)のコーション(警報)があり、and回路で

ポンプオートマティックストップ(自動停止)となるのが

独特です。

 

船舶向けマイクロフォグノズルです。

20140924_124714

噴霧エリア内で蒸発するため固体にかかっても濡れにくい

という不思議な現象が起きます。

主管25A、各区画への配管は、ノズル個数により20A~15A

となります。

 

比較用に高圧用マイクロフォグノズルです。

20150115_134254

異形状さが比較できます。金属塊よりマシニングセンタで

加工したような感じの製品です。

所感ですが、亜鉛メッキ鋼管しか触ったことがない方が

JIS G 3452 Sch80管(スケジュール40でも160でもあり

ません)を持った時のような重量感です。

 

艫にあるテストパイプより噴霧パターン確認です。

20140924_133425

オーナー様は都度実放射を要望されます。確かに、百聞は‥

でシェイクハンド付で喜ばれます。

 

比較用に高炉プラントでの写真です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

吐出し圧3.50MPaでテストノズルより噴霧しています。

放射口部は棒状に近いですが、雰囲気内はまさに「霧の

なか」で冷却と窒息効果を体験しました。

個人主観ですが、市販品で販売している水道直結型は完全

霧化でなく水滴が散るような感覚ですが、夏季に博多駅前

天神ロフトの渡辺通り沿い、福岡市動物園 休憩所にミスト

冷却が噴霧されますので近郊の方は相似体感をしてみては

と思います。*気化熱は蒸発熱とも言われ気化する時に大気

中の熱を奪う(吸収する)ことで気温が下がることを示し

ます。

 

検査船上より。

20150113_142926

右側に造船中の次回案件である船舶がみえます。

非日常的な海上での爽快な環境のなかでの社内試験と

官庁検査ですが、年間4回程度しか触らないマイクロ

フォグは、楽しみが多い業務のひとつですが不得手な

ことがあります。

船舶関係の方はご存知でしょうが、コンテナ船は外国籍が

多くオーナー/クルーも同様なので取説が、必然と英語と

なります。それがポンプ周りでの文言です。

私が学生時代に所属していたサークルは英会話部ですが、

元副部長の経験と今まで培った極貧言語能力を持ってすれば

喋る!というよりは単語のみで身振り手振り頑張っており

ます(悲